pic_20130817_2

総勢24名の参加者

日本で一番高い山といえば富士山!
8/17-18に富士登山せからんを企画し、総勢24名で参加してきました。ツアー並みの大所帯!!

 

登山企画はWE+SPORTSでやりたいという声があり、2013年6月に富士山が世界遺産に登録されたということもあり、せからんとして開催しました。

 

 

 

 

今回のゴールは

  • 全員が無事に登頂すること
  • 頂上で御来光を観ること
  • 頂上でコーヒー・紅茶を作って飲むこと

もちろん、せからんなのでLearn(学び)も忘れません( ̄一* ̄)b

富士山は「山」という自然でありながら、文化遺産として登録されました。その理由に日本固有の信仰・美術の対象であったことがあげられます。
富士宮市HP参照)

pic_20130817_1

出発前の集合写真

集まった参加者は大学生・社会人、学校も職業も違う多種多様な顔ぶれ。

共通点といえば「富士山に登ってみたい」という想いただ一つ。

誰かの「やってみたい」を応援するのがWE+SPORTSが大切にしていることのひとつ。

 

 

 

 

 

 

今回の行程は、夜通しに登るという、いわゆる「弾丸登山」。

弾丸の危険性に

  • 視界の悪さ
  • 冬並みの気温
  • 気圧差による高山病

が挙げられます。山小屋を利用するメリットなども加味しましたが、自分の過去5回の富士登山の経験から、目安の登山スピードの半分で登ることを選択。比較的ルートが短い、かつ登山者急増の影響の少ない富士宮ルートにするなど、事前リサーチを念入りにし臨むことにしました。富士登山が初となる、ほとんどの参加者を経験者メンバーでサポートして頂上までリードします。

あとは、参加メンバーがベストコンディション、フル装備で来てくれることを願って。
こればかりは、自己責任なので仕方有りません。

さて、ここからは登山の模様です。

この日は終始天気が良く、天候によるストレスはありませんでした。これはとても大切なことです。(登山をすると必ず晴れるというメンバーを連れて行き正解でした☆)

 

pic_20130817_9

幻想的な夜景

登山中、背後に位置する駿河湾や富士宮市を雲海が覆い隠していた情景は幻想的でした。

皆が「ラピュタみたい〜」とはしゃいでいました。ここまでは・・・

 

 

 

 

 

 

 

高度があがるにつれて、低温度・低酸素状態へとなっていき、体力低下に追い打ちをかけます。
同行メンバーも数名、頭痛を引き起こし、とても辛そうでした。

 

pic_20130817_10

9合目 山頂までもう一踏ん張り

登山も含めてですが何事も体験・経験を共有すると、連帯感が生まれてきます。数時間前までは初対面だったメンバー同士が、お互いを気遣い支え合うチームを成します。

声をかける余裕がなくても、並んで一緒に登っている、その存在だけでも元気付けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして朝方、その仲間達と拝んだ御来光は何とも言えない程の美しさでした。

pic_20130817_5

御来光

 

pic_20130817_2

山頂にて

今回、登頂を果たしたのは20名。途中、4名のメンバーは体調不良により、途中ストップ。

頂上は一つのゴールですが、挑戦した全員がヒーロだと思います。

ぜひ、再度挑戦して欲しいです。

 

 

 

 

 

 

富士登山という貴重な経験を共にしたメンバー。

pic_20130817_3

渋谷に帰着

多くのつながりができ、これから色々な交流が生まれていきそうです。

何事も「やってみよう!」とトライする方々に触れ、僕自身、とても勇気と感動をもらいました。 これが、WE+SPORTSで企画をする一番の楽しみでもあります♪(* ̄ー ̄)v

 

 

 

 

 

 

また、来年もこのメンバー&新たな仲間と共に頂きを目指したいです。

 

レポーター

イベントリーダーの HIROTOです。自分としては富士登山は今回で5回目でしたが、ここまでの大所帯は初めてでした。事故が起こらないように終始、緊張しっぱなしでした^^;

毎回、登る度にドラマが生まれ、感動の連続です。来年の登頂が今から楽しみです。

以上、富士登山せからんのレポートでした。